管理物件と北海道の投資物件


【起業から6年で管理戸数を5800戸まで増やす】
平成16年に、M不動産を興しました。42歳のときです。退職直前に、「賃貸店舗はお前がいなくなったら、これ以上大きくはやらない。必要だったら人を引っ張っていってもいい」と言ってもらいました。そこで、前の会社から14人についてきてもらい、いきなり3店舗からはじめたのですが、思ったとおりにはいきません…。
当初集めた5000万円ほどのお金は、半年でなくなりました。出資を受けたり融資を引いたり、必死にがんばってようやく軌道にのったのは、起業から2年半がすぎた頃です。1期、2期はまったくダメ。3期で少し戻したとはいえ、資金繰りはいつも綱渡りで、いつ倒産しておかしくない状況でした。借金はピーク時で1億円ほどありました。今振り返ると、よく1億円も引っ張れたなと思います。

お金

軌道にのってからは、毎年1000戸ずつ、管理物件を増やしてきました。起業から7年目の現在、管理戸数は6000戸で平均95%の入居率。地域は札幌が中心ですが、入居率は90%を下回ったことがありません。賃貸店舗も今では4店舗あります。入居率を言うと驚かれる方がいます。

しかし、私からすれば、当たり前のことを当たり前にしているだけで、難しいことではありません。「札幌で客をつけるのは厳しい」という人がいるなら、管理会社が当たり前のことをしていないからだと思います。社員にも恵まれました。社員たちにはヒントだけ与えて、自分たちでやり方を考えさせるようにしています。創業当時、率先して同僚たちを引っ張ってくれた社員が、今は常務になっています。

【北海道の投資物件の魅力を伝えたい】
M不動産のスタートと同時に、投資用物件を扱う部署もオープンしました。当社で買われた物件については同時に管理も請け負っています。当初は、本州のお客様が7割、北海道のお客様が3割でしたが、リーマンショックと、都市銀行の融資姿勢の変化をきっかけに、本州のお客様が激減しました。
最近の比率としては、9対1くらいで大部分が北海道のお客様です。地元の銀行が融資を出しはじめたため、北海道の方の購入意欲が高まったのです。ただし、中心の価格帯は5000万円以下。以前は2億、3億の物件が中心だったので、業績的には大打撃といえます。私は、全国の皆さんにもっと北海道に目を向けて欲しいと思っています。なぜなら、多くの投資家が思っているよりずっと、北海道は投資対象として魅力的だと断言できるからです。

投資

今、アパートやマンションのオーナーさんの成功本が、多く出版されています。ブログなどでも、様々な情報が飛び交っています。優れたオーナーさんはたくさんいらっしゃるので、否定はしません。しかし、実際に北海道でお部屋を預かり、入居者を案内している賃貸管理のプロとしては、複雑な思いがあるのも事実です。玉石混交の情報が溢れる中で、私は、「北海道をはじめとした地方の情報を全国に向けて発信していきたい」と考えるようになりました。


PR


甲東園駅は兵庫県西宮市に立地している今津線の駅になります。
上りは西宮北口,大阪や神戸,今津方面,下りは宝塚,仁川,川西能勢口,・箕面方面へのアクセスすることが可能。
甲東園は財界や文化人がたくさん生活しており西宮七園として,阪神間の高級住宅街の一角を構成していて,風情が残っているようです。
大学や高校,修道院や美術館などもあり,多くの人で賑わいを見せています。
そんな甲東園エリアから簡単に向かうことができる西宮北口エリア。こちらからは簡単に大阪や神戸などの都心部へと向かうことが可能だから、都心部への買い物だってしやすいですし、通勤などにも困ることがないです!
ぜひこれを機会に西宮北口駅周辺で賃貸物件をみつけて暮らしませんか?
西宮北口エリアの賃貸物件ならきっと満足した生活を送ることができるでしょう。